FC2ブログ

プロフィール

  • Author:ドリ
  • フリーライター。
    絵本は専門外ですし、書評も真面目な紹介もする気もなくて、これは子供の絵本、何を読んだか記録&気が向いた時の日記です。


カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更新のお知らせと宣伝と

恐ろしいほど久々に妖精さんサイトの更新をしました。
リンク変更のご連絡をいただいたからなんですが、連絡から1ヵ月半ほど経過してまして……ええっと本当にどうもすみません。
ピカデリー110番A」のツクオギさんからです。
こちらはミステリー系です。
セイヤーズのピーター卿ファンサイトさんなんですが、ピーター卿をご存知の方もそうでない方も是非に是非に遊びに行ってください。笑えます。オススメ!

で、児童書の紹介がここのメインなわけですが、
実は私、昨年、ひょんなことで児童書を出版させていただきました。
とはいっても小学校高学年以上向けかな?なので、こちらとは対象がちがうのですが、
まさか自分が、あの、あかね書房さんからお声かけいただくとは思っていたので、正直かなりたまげましたとも!
ミステリーもSFも科学のアルバムも……私の小学校時代は本当にあかね書房さんにお世話になりました。妹もぴょこたんを何冊も持っていて、『ちいちゃんのかげおくり』とか『フライパンじいさん』とか名作ぞろいの中にまさか自分も著者として混ざるとは!!
で、ちなみにこういう本です↓

謎解きファイルズ 少女ルパンVS少年ホームズ―少年探偵空野光太の推理修行 (謎解きファイルズ少女ルパンVS少年ホームズ 1)謎解きファイルズ 少女ルパンVS少年ホームズ―少年探偵空野光太の推理修行 (謎解きファイルズ少女ルパンVS少年ホームズ 1)
(2008/11)
森田 彩莉五臓六腑

商品詳細を見る
謎解きファイルズ 少女ルパンVS少年ホームズ―少女怪盗月影ルナの挑戦状 (謎解きファイルズ少女ルパンVS少年ホームズ 2)謎解きファイルズ 少女ルパンVS少年ホームズ―少女怪盗月影ルナの挑戦状 (謎解きファイルズ少女ルパンVS少年ホームズ 2)
(2008/11)
森田 彩莉五臓六腑

商品詳細を見る

あかね書房さんのHPにも現在特設ページが設けられていますので、是非是非ご覧になってください。
あかね書房
ということで更新報告をかねた宣伝でした(笑)
スポンサーサイト

いさましいちびのトースター

いさましいちびのトースター (ハヤカワ文庫SF)いさましいちびのトースター (ハヤカワ文庫SF)
(1996/11)
トーマス・M. ディッシュ

商品詳細を見る

ハヤカワSFだけど内容は9割方児童書なのでオススメされて読み聞かせにしました。
夏別荘に置き去りにされた電気器具たちがご主人様を探しに行く話。
メルヘンっぽいけれど、電気器具の移動やら何やらにきっちり理屈が有る辺りがとてもSF(笑)。
とてもかわりらしいお話で、ジュニアも気に入っていました。
ありがとうございます。
個人的にはラスト、仔猫のために抗ヒスタミン剤を余分に飲む羽目になった奥様がちょっと気の毒でした。

近所のレンタル屋にDVDも入ってるんだけど、電気器具に名前がついているのが気に入らないので多分観ないだろうなあ。
トースターはトースター、毛布は毛布でいいと思うんですが。
この場合、名前なんぞ飾りです。偉い人にはそれがわからんのですよ。

追記
コメントをくれたFちゃん。おひさしぶり、コメントどうもありがとう。
お返事遅くなってごめんね。
こっちはあまり更新がないので、お仕事ブログの方で声かけてもらったほうが早く気づきます。
ではまた~♪

エルマーと16ぴきのりゅう

エルマーシリーズの最終巻。
りゅうの子供の家族が人間に捕まりそうになっているのをエルマーの機転で助けるお話。
「こんな物、何に使うの?」の使い道が判明したときの楽しさは1作目と似ていますが、1作目ほどその驚きが頻繁でないのが残念。
作者もそれがわかっていて、これが最終巻になってしまったのかな? いや、よく知らないんですが。
でも、やっぱりこのエルマーシリーズは児童文学の金字塔だと思うわけで、どの子にも是非是非読み聞かせなりプレゼントなりして欲しいものなんですよね。
文句言いながらも、一読者として本当、もっと続いて欲しかったものね、この話。
エルマーと16ぴきのりゅう (世界傑作童話シリーズ)エルマーと16ぴきのりゅう (世界傑作童話シリーズ)
(1981/12)
ルース・スタイルス・ガネット、ルース・クリスマン・ガネット 他

商品詳細を見る

エルマーとりゅう

変なコメントを削除して……1ヶ月1回ペースのブログですね、こりゃ(汗)。
本館と言いますか、『フェアリーズPARLOR』でお世話になっているアンさんのテンプレートがあったので、デザイン一新してみました。
これを契機にも少し頑張らないと~。

で『エルマーとりゅう』。
エルマーの3部作の2冊目です。
まあくんいわく、
「『エルマーとりゅう』はあんまり面白くないよね」
あ、やっぱりそう思う?
『エルマーのぼうけん』の天才を感じる面白さと比べるとちょっと凡な印象は否めないかなと。
でも3冊目の『エルマーと16ぴきのりゅう』はまた面白いので、2冊目飛ばすのはオススメできないですね。
あんまり面白くない……とは言いますが、それは1冊目と比べた上での話で、本当はかなり面白い部類です。私はパーティーの場面がけっこう好き♪
エルマーとりゅうエルマーとりゅう
(1964/08)
ルース・スタイルス・ガネット、ルース・クリスマン・ガネット 他

商品詳細を見る

ふらいぱんじいさん

耳鼻科で読み聞かせ。
すみません、うっかりママが泣きそうになりました。
子供の頃好きだったのは覚えてたんだけど、内容すっかり忘れてて……。
卵焼きが大好きで旅に出たフライパンじいさんが鳥の卵を守るおじいさんになる展開。
うまく言葉にできないけれど、けっこう感動します。

ふらいぱんじいさん (日本の創作幼年童話 5)ふらいぱんじいさん (日本の創作幼年童話 5)
(1969/01)
神沢 利子

商品詳細を見る

エルマーのぼうけん

放置していたら本当に広告入った!
ということで広告消去に投稿。
いや、本は順調に増えてるんですが、いかんせん本業が忙しすぎでした。

で、今夜読み聞かせたのは『エルマーのぼうけん』。
すでに絵本ではないですが、絶対好きだろうと実家から持ってきておいた本。
最初はあまり興味なさげでしたが、1章読み終わるころには夢中。
途中でおしまいにするためになだめるのが一苦労でした。
誰も死なない傷つかない名作冒険小説。
私の幼い頃のお気に入りが息子のお気に入りにもなってくれたようです。
エルマーのぼうけんエルマーのぼうけん
(1963/07)
ルース・スタイルス・ガネット、ルース・クリスマン・ガネット 他

商品詳細を見る

恐竜アトラス

なんかもう1年ぶりのブログですが、
素敵な御本をいただいたので。
恐竜アトラス―恐竜の故郷を巡る世界旅行 恐竜アトラス―恐竜の故郷を巡る世界旅行
ジョン・マラム、ジョン・ウッドワード 他 (2007/04)
東京書籍

この商品の詳細を見る

恐竜の歴史が歴史事典のように、世界の恐竜分布が動物図鑑のようにわかる本。彼らの生活についてもCDーROMで狩りの様子を紹介したり、想像図の上に透明シートで化石をかぶせることができたりで、非常にわかりやすく、はっとする本です。
ルビがないので子供向けには少し難しいかもしれませんが、生き生きとした恐竜たちに息子は夢中。本を抱えて、今はもう私より恐竜に詳しくなっています。
不満があるとするなら、日本の恐竜が紹介されていないのは少し淋しいです。まあ、翻訳書籍なので仕方ないんですけどね。
親子で楽しむのには最高の本となっています。

ちいさいモモちゃん

保育園でモモちゃんの紙芝居を聞いているようなので、それならと思い実家から持ち帰りました。私が4歳の時に買ってもらった本です。
ちいさいモモちゃん ちいさいモモちゃん
松谷 みよ子、菊池 貞雄 他 (1982/01)
講談社

この商品の詳細を見る

絵よりも文字の方が多い本ですが、私が読んでいたので絶対息子も楽しめると読み聞かせ。まあ……私の場合は親が忙しかったので自分で読んでいたんですけどね。
息子は目を輝かせて夢中。3日で全部読み終えました。
次に帰省したときに2冊目を持ってこようと思います。

こどものとも 年少版 2006年 06月号

『ずーっとずーっとあめ/織茂恭子』
お気に入りの傘でお出かけできる雨の日、子供にとって雨もひとつのイベントなんだよねえと思い起こさせてくれる絵本。絵本の中は永遠に雨の中、これはこれで楽しく幸せなことなんですよね。
こどものとも 年少版 2006年 06月号 [雑誌] こどものとも 年少版 2006年 06月号 [雑誌]
(2006/05/02)
福音館書店

この商品の詳細を見る

ダンボ

ご存知、空飛ぶ象のお話。
ダンボ―2・3・4歳向け ダンボ―2・3・4歳向け
福川 祐司、斎藤 妙子 他 (2004/08)
講談社

この商品の詳細を見る
かなり話が省略されていい話に書き直しされているので、
「あれ? こんな話だったっけ」と不思議な気がしました。
子供は大うけだったんですが……
ちょっと気になっていたらパパとDVD版を借りてこられて……
ダンボ ダンボ
ディズニー (2006/03/17)
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

この商品の詳細を見る

ああそうそうそうだ! 
酔っ払って木の上に上って、飛んだに違いないってことになって、
ティモシーが暗示をかけて飛ばせたんだっけ!!
上の絵本は努力して飛んだ話になっていたので、教訓話になっているところに違和感があったんだ!!
でも、無理に教訓話にしてもこれはいじめられっこがいじめる相手を見返す話なので、このままでも悪くないと思うんですよ。
外見で人をいじめちゃいけないというのも伝わるしね。
でもまあダイジェストにするとこんなものなのかなあ。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。